作り手たちの blue stories

vol.2 革靴職人 entoan 櫻井義浩さん

vol.2 革靴職人 entoan 櫻井義浩さん

vol.2 革靴職人 entoan 櫻井義浩さん   たくさんの「こと」や「もの」があふれる今、作り手の想いと使い手の心がつながる奇跡。瀬戸内の小さな町で暮らし、ここにある風景、文化、素材と向き合い、ものづくりにこだわりと情熱を注ぐ作り手の方々をご紹介します。 彼らの美意識やものづくりの喜び、遊び心などが詰まった言葉を大切に集めてそれぞれのストーリーを発信していきます。 第2回は、靴職人のentoan 櫻井さん。拠点は埼玉県。靴の受注会を開催したり、kitahama blue storiesでオリジナルカラーのブルーのお財布を作っていただいたりと、長いお付き合いが続いています。今回は2021年1月28日より開催の「大切にしたい春のおさいふ展」に出品いただくおさいふのこと、entoanさんのものづくりへの思い、革小物の楽しみ方をお聞きしました。                -靴職人になられたきっかけをお教えください。 物心がついた時から靴は特別な存在でした。 小さい時は親に洋服を買ってもらうと思うのですが、靴を買ってもらうときはすごく嬉しかったのを覚えています。どんな靴を履いていたかなども結構覚えています。 小学校の時、地元のサッカークラブに入っていたのですが、やはりスパイクが好きでよく玄関で磨いていました。夜、玄関で独りっきりで靴を磨いている時間がなんだか忘れられず好きで、靴に関する仕事に就きたいと思ったのが大学在学中の20歳の頃でした。 大学卒業後に靴の専門学校に2年間通いました。 -革の魅力はどんなところにありますか? 動物だったということ。 全く同じものはないということ。 変化していく表情。 靴を作りはじめ、素材としての革に触れる機会が増えたことで、さらに革も好きになっていきました。今でもそうですが、経年変化を楽しめる革が大好きです。 革が好きで、気になったら勢いで買ってしまうことも多いので、棚があふれ返っています。 -ブランド名「entoan」に込めた思いをおきかせください。 「en」には縁、円などの意味があります。 「an」には「あいうえお」の最初の「あ」と最後の「ん」。全ての言葉を使っても伝える事が出来ない思いをカタチにするという意味を込めています。 それを「to」&の意味の日本語「と」で繋げて、「entoan」というブランド名にしました。                    -ものづくりをする上で大切にしていることは? 当たり前のことですが、ひとつ1つ丁寧に作ることです。 1から10までの行程を気持ちを込めて行うことによって、自分がそのものを好きになり、使い手の方にもその気持ちが伝わると思っています。 デザインの面では素材をうまく活かすことが出来ているかどうかを大切にしています。-革小物を作るようになったきっかけは? 革靴を作っていると、どうしても余り革が出てしまいます。 その余り革で何か作ることが出来ないかと、革小物を作るようになりました。 革小物第一号は「おなかポッコリキーケース」です。 靴づくりと小物づくりに、大きな違いはありません。その時に作りたいものをカタチにしています。                                -kitahama blue storiesオリジナルカラーとして、瀬戸内の海のように美しい「ブルー」のおさいふを作ってくださいましたが、革の色はどのように選ばれていますか? 瀬戸内とのつながりは高校の同級生が高松に住んでおり、entoanを売り込んでくれたのがはじまりでした。 色を決めるときは、そのデザインにベストだと思う革を探しに見に行ったり、今までの革のストックや今まで見た革を思い出しながら決めていきます。 ブランド立ち上げ当初は、探しに行くことがほとんどでしたが、最近はストックや今まで見た革からマッチングさせることが多くなりました。        -今回の展示会で、色んな形のおさいふを届けてくださいますが、それぞれのおすすめポイントをお教えください。 【ロングウォレット】                     初めて作ったentoanを代表するお財布です。使いやすさと収納力で一度使うとなかなか他のものを使えない!というお客様も多いです。 このお財布のいいところは一度で全てを「見渡せること」です。ボタンを外すというワンアクションでカード、お札、小銭がどこにどれだけ入っているのかがわかります。 仕分けもたくさんできるようになっているので整理しやすく、小銭スペースは取り出しやすいよう大きく開く設計にしました。 最近は小さなお財布がトレンドのようですが、entoanでは1番の人気商品です。 カード類やレシートなどついつい増えてしまう…という方におすすめです。                         ...

続きを読む
vol.1 漆作家 Sinra 松本光太さん

vol.1 漆作家 Sinra 松本光太さん

    vol.1 漆作家 Sinra 松本光太さん   たくさんの「こと」や「もの」があふれる今、作り手の想いと使い手の心がつながる奇跡。瀬戸内の小さな町で暮らし、ここにある風景、文化、素材と向き合い、ものづくりにこだわりと情熱を注ぐ作り手の方々をご紹介します。 彼らの美意識やものづくりの喜び、遊び心などが詰まった言葉を大切に集めてそれぞれのストーリーを発信していきます。  第1回は、香川漆芸の若手作家を代表する松本さん。2021年1月3日よりkitahama blue storiesとデザインラボラトリー蒼では「sinra」と個人展「松本光太」としての2つの展示会が同時開催いたします。今回は漆作家の松本光太さんの工房を訪ねてきました。     ‐漆と出会ったきっかけは?   高校を決めるときに担任の先生にいくつか候補に出してもらうじゃないですか。   3つくらい候補を出してもらった中に高松工芸高校の金工科、漆芸科、デザイン科がありました。技術も身につくし、もともとモノづくりが大好きだったこともあって、その中でも金属の冷たい感じより、漆芸の木の温かい感じが好きだったので漆芸科を選びました。そこが漆との出会いでした。   それまでに漆のことは全く知らなかったですね。ただ漆を木に塗って…漆器というものがあるくらいの漠然とした認識でした。   それが高校に入ってからは週の半分が実習の時間で、漆漬けの毎日になりました。       ‐育ったのはモノづくりや漆にふれる環境だったのでしょうか? 母自身は漆器が好きだったようですが、父の代からみんなサラリーマン一家で、分家ばかりで引き継ぐ漆器もなく、家の中にあふれていたかと言うとそんなことはなかったです。 これはありきたりな答えなんですけど、男の子ってみんなプラモデルとか作るのが好きじゃないですか。 小学校の図画工作の時間に木を削って作って褒められた経験なんかがモノづくりが好きになったきっかけですかね。       ‐漆のどんなところに魅力を感じていますか? 漆に限ってというよりはモノづくり全体に言えることですけど、僕の場合はたまたま漆に出会ったから漆を続けているだけです。金工の道に進んでいたら金工家になっていたかもしれないですね。 漆って自然のもので、生きてるわけなんです。塗れば乾くものでもないですし、厚く塗れば縮むし、全く自分の思い通りには一切なりません。それをうまく対話しながら完成に近づけるのが面白いですね。             ‐漆を扱う上で大切にしていることはありますか? もう自然なんですよね。もう30年以上やってきて、漆は日々触れるものであるっていうのが染みついてるんです。 息をするのと一緒ですよ。何にも用がなくてもアトリエに来てるしね。この空間だったり、漆の香りをかぐと精神が落ち着きます。       ‐作業の道具は自分用に作られているのですか? 面白いことに仕事ができる人の道具は、誰が使っても使いやすいんです。仕事ができない人の道具は、みんなが使いにくい。やっぱりその性質を良く知っている人が作るとすごく使いやすいです。 ただ、たぶん僕の道具を他の人が使うとちょっと使いにくい。。。(笑) 自分の使いやすいしなりだったり、角度だったりを自分の感覚でつけていくんですが、他のスタッフも自分でヘラなど道具を作っています。ちょっと彫りをしてみましょうか。           ‐すごく細かい彫りですね!   僕の彫りってすごく細かいじゃないですか、1個2個間違えても全然目立たないんですよ(笑)。ぎっしり彫るんでね。   若い頃は一つの失敗にすごくこだわってましたけど、歳を取ってくると、それよりも「全体のフォルム」に追求するところが変わってきましたね。             ‐小さなカップ、仮面やオブジェなど作っておられますが、どんな時にアイデアが浮かぶんですか? まあかっこよく言っちゃえば、作品との対話だよね。 始めは木地があってそれを眺めながら、ここの木目を生かしたいなとか、どんどんラフを書いていっちゃう。僕の場合はね。 それでなんとなく彫りたいなって思ったものを、その中からチョイスして1日2日眺めて、他の仕事をしながら机に置いておくんですよ。 お面や箱もね。1つのことばっかりをやっていると煮詰まってきて面白くなくなるんですよ。ひとまず目につくところに置いて違う作業をしながら、 こんな感じでいこうかなってのを思いついたら彫って進める感じですね。       ‐最初に木地を彫ったときにはある程度の完成形のイメージがありますか?   僕の場合はまず形を彫りたいんです。だからお面だと、こんな形を作りたいってのがまずあって、それを彫り始める。   作品でいくと、こういうカーブの色気のある箱を作りたいと思うとまずその箱を作り出す。それで置いておく。まずフォルムから入って、フォルムが出来た時に、じゃあ意匠をどうするかを考えることが多いですね。        ‐どうしてSinraを始めたのですか?   僕も研究所を出ているので、磯井 正美に弟子入りした時点で、その作家っていう方向性もしっかり教え込まれました。作家のやり方もわかる、けど自分の作品をつくるだけだと漆業界は終わってしまうんですよ。現代に合わせた漆器をつくっていかなければいけないというのが、Sinraの始まりですね。       ‐Ishikoシリーズどのように行き着きましたか?   いろんなイベントに出るようになって庵治石の職人さんとのつながりができて、庵治石の職人さんから庵治石に漆を塗ってくれという風な注文を受けるようになりました。例えば、庵治石のプレートに漆を塗ってそこにステーキを置いても染みていかない、とかね。でも、それってどこまで行っても庵治石のお皿であって漆器ではないですよね。   ある時庵治石の職人さんたちとお酒を飲んでいるときに、僕たちも漆器で庵治石を作りたいな、という話をしていて。どういうものがあるか、という話で庵治石を削るときに粉が出ると。その粉をどうにか使えんかなと思って、いろんなものに混ぜ込んでみて、1年ほどかかって今の状態になりましたね。楽しく話してて、いろんなアイデアももらいつつ、とりあえずやってみようと思いました。うまくいかなくてもなんでもやってみることですね。                ‐つくり手として使い手の方にどんな風に楽しんで欲しいと思いますか?   そうですね、まずは触れるところからですね。 今の子どもたちは漆に触れる機会が全くないですから。他の漆が盛んな地域では学校給食で漆器を使ったりして、実際に使ってみたり漆に関する知識を勉強する機会を作っていますけど、高松はなかなか厳しいですね。   20歳くらいの人たちがIshiko塗りを使いやすいと思って買ってくれるとね、この人たちがお年寄りになったときに、もっと上の人間国宝級の方の作品に魅力を感じてそれを買ってくれる人になるかもしれない。でも、やっぱりそれも子どものころから漆器を触った経験があるからなんですよね。   だから漆を扱う者として、やれることをやって伝えていくことが大切だと思います。      ...

続きを読む