コレクション: いわもとあきこ

 

1976年生まれ

2000年 島根県にて絹織物を学ぶ。

2007年より 高松にて木綿で裂き織りのバッグ製作を開始

2009年より全国でのクラフト展参加、個展を開催。

 

裂き織は、布の貴重だった時代に、擦り切れ、 着倒した着物などを

更に裂いて再び 丈夫な布として蘇らせる再生と知恵の織物だと思います。

私は新たな生地を染めて裂いて織っています。

現代の人の服装、生活にも受け入れてもらえる、

ちょっとニヤリとできるものを、

昔からの技法をお借りして作りたいと思っています。