コレクション: 槇塚登

 鉄作家

1972年、香川県生まれ。

高松工芸高校電気科卒業後、映像制作会社を経てフリーに。

その後実家の鉄工所に勤務。その傍ら鉄屑や流木、ガラクタを収集し作品制作を開始する。

立体、平面、生活道具など制作し、個展、グループ展にて発表している。

また、工場の二階物置スペースを改装し、ギャラリースペースに「Gallery Altana」

として県内外のアーティストの企画展を多数開催。