コレクション: MORI GLASS


森 康一朗
森 知恵子

夫婦でそれぞれ作家活動を展開。大学、専門学校でガラスを学んだ後、富山ガラス工房にて技術員として勤務。
独立後、富山県内で受注制作・百貨店、ギャラリー等での展示会を中心に活動。
2018年に香川県に拠点を移し個人工房「MORI GLASS」を設立。

『特別なワンシーンを彩る』『大切な時間にそっと傍らにあるうつわ』をそれぞれコンセプトにしています。
制作スタイルの違いはありますが、共通して『心地よい時を作り出すためのアイテムの提案』としての作品作りを心がけています。
このテーマを軸に、使い手が「それ」を手にして心が動く、また心が動いたときに手にする(選ばれる)存在でありたい。
そんな願いを込め、私たちが生み出す物を介する事で、使い手にとっての「幸せ」を共に感じられるようなものづくりをしていきたいです。


森 康一朗 Mori koichiro

香川県生まれ
2009 倉敷芸術科学大学 ガラスコース卒業
2009 富山ガラス工房勤務(~2013
2013 個人工房制作アシスタント(~2015
2018 香川県高松市にて個人工房「MORI GLASS」設立


森 知恵子 Mori Chieko   

2000 嵯峨美術短期大学デザイン科生活デザインコース 卒業
2005 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2006 富山ガラス工房 勤務(2013.3)
2018 香川県高松市にて個人工房「MORI GLASS」設立