大川原染色本舗

有限会社 大川原染色本舗

香川の伝統的工芸品「讃岐のり染」の起源は、定かではありませんが、江戸時代には高松城下の紺屋町を中心に多くの染物屋が軒を連ね、主に藍染めを中心に野良着や着物が染められていました。

時代の流れと共に、たくさんあった染物屋も数少なくなりましたが、当本舗は代々その伝統を受け継ぎ、創業200年を超えました。

現在は、のり染めの技法を守りながら新しい技法も取り入れ、のれん・のぼり・旗・神社幕・ハッピ・獅子舞ゆたんなどを作っています。

とりわけ、ここ香川は獅子舞やうどんによる讃岐特有の文化があります。その文化がのり染めの技法を屈指して染め上げる獅子舞ゆたんやうどんのれんを作る基盤としてのり染めの技術を守り育ててくれています。

「伝統を守り、確かな技術でしっかりとした物を作る。」シンプルですが、とても難しくやりがいのある仕事です。