valo

 

     






valo「光」、kukka「花」、metsä「森」の三要素を大切に、

いしの引き込まれるような力強さと、落とす影の柔らかさ。

いとのしなやかさと、ピンと張った時の潔さ。

ぬのの手触りのよさと、幾重にも重ねた時の豊かな表情。

 

それぞれの素材の持つ美しさを引き出せるようにと、

ひとつずつ時間を織り込みながら作っています。

続いていく日々の暮らしが愛しくなるような時。

少し背伸びをしたかった幼いころの気持ちを忘れずに。

特別な一日にさらに光が差し込むような・・・。

身につけてくださる方の気持ちに、寄り添えることができますようにと願いを込めて。