とりもと硝子店

 


鳥本さんとの出会い

京都の吹きガラス作家鳥本雄介さんがumieを初めて訪れたのは12、3年前。

ふらっとやって来て「ガラスを作っているので、見てもらえませんか?」と声をかけてこられました。 作品はもちろん、口数は少ないですが、どこか愛嬌あるその人柄にも惹かれ、それ以来展示会を開催していただいたり、ご家族で遊びに来てくれたり、公私ともにお世話になっています。不器用ながら優しさがあり、ガラスなのに柔らかさがある。そんなガラスを作られています。

 


〈とりもと硝子店 鳥本雄介・鳥本由弥〉

晴耕社ガラス工房勤務。

荒川尚也氏に師事。

勤務しながらそれぞれ個人の制作、発表をする。

退社後二人で窯を築く。2015年、独立、開窯。

「とりもと硝子店」として活動を始める。

 

 

 


とりもと硝子店 facebookはコチラ